7対1看護と10対1看護の選択について

看護師の方が別の病院に転職される場合、転職先を選ぶ際の基準の1つに、「7対1看護」か「10対1看護」か、という問題があります。要するに看護師1人が対応すべき患者さんの数の指標ですね。普通に考えると、7対1看護のほうがゆとりもあり、働きやすいように思えますが、現実はどうなのでしょうか。

7対1看護の体制が一般的に広まったのは、平成18年4月の診療報酬改正で、7対1看護を行う病院に対して、最高ランクの診療報酬が認められるようになってからです。

入院基本料を上乗せでき、経営改善にも繋がるため、全国の病院が、7対1看護を実現させるために、できるだけ看護師を多く採用する動きに走りました。

その際に、転職の看護師ではなく、新卒の看護師を優先的に採用する傾向が強く見られました。給与も低く抑えられるといった理由もあったと思われますが、これが芳しくない結果に繋がってしまいました。

経験を積んだ中間層の人材よりも、新卒の看護師の比率が高くなってしまい、院内の体制が脆弱化してしまい、マネジメント体制の混乱や、教育・研修のレベル低下で、新卒看護師が早期に離職する傾向が強まっています。

そのため、7対1看護を謳っていても、内情的には余裕がなく、看護師にかかる負担が却って大きくなってしまうというケースも見られています。

転職先を選ぶ場合は、単に数字だけでなく、病院の看護師の年齢層の分布等に直目して、ベテランの看護師が多数在籍しているかというような、「質」の面からリサーチすることも大切です。

とはいえ、7対1看護の体制を取っている病院が、経営的に余裕があることは確かです。経営に余裕があるということは即ち、給与水準が高い、設備が充実している等のメリットが期待できることになります。

このように、転職先の病院について、残業時間や休日出勤などの状況や経営状況など、より詳しい「生きた」情報を必要とされる場合は、看護師専門の転職エージェントを活用することをお勧めします。

ページの先頭へ