看護師転職 より給与が高い職場への転職

看護師の方の転職希望条件に良く見られるのが「給与が高いところへ」というものです。看護師の職場で、より高収入が望めるところにはどのようなものがあるでしょうか。ここでは、看護師の変動給制というポイントに着目していくつか見てみましょう。

まずは、病院の中でも専門分野に特化した急性期病院勤務の看護師です。循環器科や脳神経外科などがこれに該当します。

こういった病院はオペの数も多く、看護師にとって大きなスキルアップが期待できます。循環器科や脳神経外科の場合、急患や容態が急変した患者さんの対応時に、柔軟に対応できる判断力が求められます。仕事も忙しいですが、その分給与も高くなります。

転職の際には、自分のやる気をアピールする事がもっとも大切ですが、外科系での実務経験や救急外来の経験があるとさらに有利になります。

次に、民間の小~中規模の病院で、夜勤専従の正社員を雇用しているところです。看護師の方が収入を上げるために最も簡単な方法は、夜勤を行うことです。

通常の病院の場合、日勤と夜勤の交代勤務制を取っていますが、家庭の事情などから日勤のみを希望する方が増えてきています。裏を返すと、それだけ夜勤の需要が高くなってきている訳であり、夜勤だけを行う夜勤専従の勤務形態も増加傾向にあります。

正社員雇用で夜勤専従となると、月に10回程度出勤して、月収が40万円を超えるケースも見られるようです。

大病院の場合、正社員で夜勤のみ、又は日勤のみという条件での採用は殆どありませんので、小規模・中規模の病院が狙い目です。夜間の急患等は少なく、長期入院の患者さんが多い一般病院や、慢性期病院等がこの手の採用が多いようです。

こういった病院は、内科・外科等併せた混合病棟が多いので、幅広い知識・経験をもった看護師さんが歓迎されます。夜勤の場合、日勤に比べると1人の看護師が担当する病床数が多くなるため、より経験豊富な人材が求められる傾向にあります。

ページの先頭へ